おまんこ裂傷(セックスによる会陰裂傷)

※ミソビッチブログ毎日更新中です、よかったらお気に入りに入れてね!

私のプロフィールはこちらから★

 

ミソビッチにも悩みがある。

それは・・・・・

 

かなり軽めの会陰裂傷

 

おまんこの下が裂傷で裂けてしまう。
H
するたびにほぼ毎度のことである。
レベルでいうと上の図の1くらい。
酷くないからかえってたちが悪い涙

一度切れてしまうと癖になってしまうようで・・・・

会陰裂傷と調べるとほぼほぼ分娩の内容が出てくるから、SEXで少し避けちゃうと悩んでいる子に共感してもらえたら幸いだ。

 

裂傷の原因

①元々一回目切れてしまった原因は、おまんこの縦幅が人よりちょっと小さめっていうのと、

②バックで挿入時にかなりお尻を左右に引っ張って挿入したことがあって、そこでびりっと裂けてしまった。

③長時間の挿入もよくないであろう

自分でも、裂けたときの音というか衝撃を覚えていて、未だに恐怖。

女の子であそこの縦幅が小さめの人はこうならないように気をつけてほしいものだ。

切れる場所 膣穴が切れてしまったわけではない。

その外にある小陰唇部分の下部分だ。黄色の部分

 

ちなみに、ここの膣口部分(青色)から小陰唇の切れ目、緑色の部分までの距離が短いのも原因のようだ。

プラス皮が薄いそう。

確かに、おちんちんが入っている状態を見てみると、膣口部分ではなく小陰唇(ピンクの部分でおちんちんを挟んでいるような状態)がパンパンな状態になっている。

そりゃずっと摩擦が起これば切れることもあるだろう。



さて、もし切れてしまったらどうしたらいいのか?

ミソビッチの経験を踏まえて解説したいと思う。

もしセックス中に切れてしまったら、そのひはなるべくもうHしない方がいい。

が、そもそも男の子は『あそこが切れたかも』って言ってもあんまり信じない。

大げさに言おう、遠慮はいらない。

そしてヴァセリンを塗るのが今の所一番いい解決策!

おしっこなどしみてしまうのを防いでくれるよ。

ちなみにおしっこより潮の方が断然しみる。

おしっこと潮は構成物質は一緒と思っていたし実際そうであるが

浸透圧は潮のが高い(しみやすい)んだって、これは病院の先生が言ってたから本当!


病院へ行ってもらえる薬はこちら

・ゲンタマイシン

・アズノール

ゲンタマイシンは白い少し固めの塗り薬でアズノールは薄い青色のお薬、
柔らかいつけ心地。



基本的に病院の先生のスタンスとしては毎回さけるのもしょうがない。
という回答><

その都度薬を塗るしかないそう。


だけどこれはやってくれる病院とやってくれない病院があるんだけど、

どうしても気になるなら、破れる部分を手術で切開してしまって縫う方法もあるそう。

ただ、あくまで現実的ではないため普通は止められる。
ミソビッチ、もうしみるのが辛くて辛くて、どうにか切ってくれるところを探しております、次回その記事を書こうと思います。


さて裂傷について書いてみた、同じ悩みで困っている女の子、きっといるから見てくれたらいいなあ。

2 件のコメント

  • わたしも同じ経験しました。
    あまりにも痛くて、病院に行って薬をもらいました。
    体位がいけなかったのかな?立ちバックだったから、会陰部分に負荷が掛かってしまった感じ。
    気持ち良くならないで痛くなるのは最悪(ノ_<;)↯↯

    1年くらい前にセックスした相手が、超下手くその激しくピストンするだけセックスで、その時から切れやすくなった気がします。
    あんな下手くそなSEXのせいで会陰が切れやすくなったかと思うと、あいつのチンコへし折ってやりたい!笑
    いっその事EDになってしまえーー!笑笑

    • きっとピストンがただ激しいだけのかただったのかな><
      ついていないですねお互い涙

      最近ヴァセリンも応急処置として常備しているといいなと思っております^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    4 × 4 =