ミソビッチ自称緊縛できる人に会いに行くの巻

※今日のトップ画の写真は縛られたときのイメージ写真です。

※ミソビッチブログ毎日更新中(たまにサボってるけどw)です、よかったらお気に入りに入れてね

私のプロフィールはこちらから★

ミソビッチ自称緊縛氏に会いに行くの巻

自分で縛るのではなく他人へ縛ってもらいたいミソビッチ

とくに手は後ろ足はMがいいというこだわりがあり、

上手に緊縛できる人を探してみた。

女性用性感マッサージにもそのようなサービスがオプションであったんだけど

がっつりじゃなくて亀甲縛りくらいしかしてくれないだろうなあと思って

とある緊縛研究会に連絡をしてみるも活動停止なのか応答なし。


応答がなく絶望するミソビッチ・・・・

とりあえず個人で活動している緊縛が好きな方にあってみることになった

待ち合わせ場所に到着したらかなり想像と違う紳士的なかたがいてびっくり。

ファミレスでお話をしたところどうやら、縛って吊るしたりするのは本当に危なくて、しっかり固定できる人じゃないと危ないらしい。
で実際落下による事故も多発してるらしい。

この後、縛ってもらって痛感する。

確かに落っこちたら危ないような体制だった。

 

ホテルに向かう

 

とりあえずホテルに向かったんだが別にあんまり話があうわけでもないし、

お酒を飲んで、まずは緊縛グッズを見せてもらった。

吊るす用のフックなど色々入っていてちょっと感動するミソビッチ。
ロープは想像していた麻縄ではなくて、登山用のロープだった!

一つは体と手を縛ったロープを部屋の梁に引っ掛けて・もう一個のフックは足を縛っている方ににつける感じで縛られてみたんだが写真なし(残念)のため
似たような格好の方の画像。



ワクワクドキドキ・・・・

途中でローターを当てられて、おまんこに入れられるがごめんなさい、
皆さんご存知の通り、細かくて繊細で激しい電動歯ブラシに慣れている私、ぜんぜんきかないんです。

 

 

せめて電マが良かった。


でも初対面の人にそんなことは言えず。

次にやってもらったのはアンパンマンみたいに吊るしてもらうやつ。

これはやってもらったらわかると思うのだが想像より苦しくて全然エロい気分にならなかった。

あばらにロープが食い込んで結構次の日も痛い
ここまで高く吊るしてなくてもかなり痛かった。
麻縄ならまだマシだったのかなあ。

よく写真にあるこういうやつ、きっと地面で縛って、撮影する時だけ浮かせてるんだろうなーと思った。

最後はもっとがっつりM字に縛って欲しかったのに軽めにMじに縛ってもらってSEXしたがマジで15秒くらいでイカれて本当不完全燃焼のミソビッチ。
何な縛られたまま放置15分くらいが良かった・・・・・。

 

緊縛できるからと行ってSEXが上手いわけではない。

 


そこを吐き違えていたミソビッチ。

やはりいつものポルチオの彼じゃないとダメだときづき、早く帰りたくなった。

まあ緊縛の体験したかったので良しとしよう。

次やるのはやはりいつものオープンクロッチのパンツの代わりに、
自分で縛って行ってその上に服→すぐそのままハメられる。
これくらいが今の私にはベストな気がしてきた。

吊るされるのはまっぴらだ。

でももしNO SEXならもう一回くらい緊縛されてみるのはありかもしれない。

結論

 

緊縛は自分が気に入っているお相手にお願い縛ってって言ってちょっとやって貰うくらいが一番いいかも。←なかなか言いづらいけど笑
それか自分で縛って会いに行くのがいいかも。または女の子にふざけてやってあげるくらいならちょうどいいかも。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 3 =