しみけんから学んだ熟女の定義

※ミソビッチブログ毎日更新中です、よかったらお気に入りに入れてね!

私のプロフィールはこちらから★


~シミケン様の記事を読んで~

シミケンって最初はAV男優てことからあんまりいい印象がなかったけど、

記事とか対談を見て印象が一変、私の中で性の神様みたいな存在になった。

とにかく優しい。女性思い。あと正直!!

さてそんなシミケン様のとあるインタビュー記事を見てすごく参考になったので書きたいと思う。熟女について。

私が思っていた熟女

自分よりプラス10歳年上の人は常にいつも熟女と思ってきた。

例えば23歳の時だったら33歳はもうめちゃくちゃ熟女だし、
31歳から見たら41歳は熟女だし。

だけどシミケン様の考え方は違って、
しかも熟女好き男子=今までちょっとけなす対象だったんだけどちょっと

考え方が変わった。

 

シミケンが考える熟女とは

歳ではなくて、自分にとって守るべきものなどができて、
自分のなりふりに構わなくなった人のこと。

例えば若いAV女優さんだと、撮影中でも、今どのようにカメラに映っているか?とかどのように見えているか自分を常に客観視して考えているそう。

だけど良い意味の熟女となると、そうではなくて、カメラがあるとかを意識せず、ただなりふり構わずに感じるそう。そしてそれが良いと。


たーしーかーにー

私は熟女=正直40overの人という概念がかなりあったらが、
もしシミケン様のいう概念が新しい熟女の定義なら、
それは憧れる存在にまでなりえるかもしれない。

現時点、私は常にどう見られているか考えてセックスしてしまっている。

これはナルシストとかではなくて、むしろ羞恥心からきている感情のつもりだ。

例えば騎乗位中、

『下から見たら、二重顎になっていないかな?』とか

『鼻のあな広げてないかな?』とか

結構そんな事を考えてる。

友達には『まじ2重顎とかどうでもいいし』と言われる。

そう、案外なりふり構わずセックスできていない。

このまま歳をとっていって40歳になった時にどう見られているか
チビチビした事を悩むような女じゃダメだと強く痛感。


どうせこのまま歳をとるならいい熟女になりたい。

そう願うミソビッチ。

しかし子供も産んでないミソビッチ、守るものはなんだろう・・・・
守るものがないと自分を振り切れないのだろうか・・・・


シミケン様の記事探しても見当たらない・・・・でも探してURL貼ります♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =